ぷいぷいネット

現代社会でのあらゆる分野での問題解決を応援します。
民主主義社会では法制度の改革立法が必須アイテム。
政治・経済・民業・官業・NPO・等との情報交換で
国家国民の為に、世界平和繁栄の為に、知恵を絞ります。

トップページ


東京、頑張れ、東京にも維新、、

これは良し!!稚拙なコロナ対策で苦しむcapital東京の都民や商売人の皆さんや企業を救うには、、大英断になるかも!!今こそ、東京維新!! 【独自】維新、都知事選初参戦か。侮れない小野氏、都議会自民は? アゴラ編集部記事より…………。2020年06月03日 06:01 熊本県副知事の小野泰輔氏(46)が2日、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に立候補する意向を明らかにした。 小野氏は、政治学者でもある蒲島郁夫・熊本県知事の東大教授時代に師事。卒業後は、外資系コンサルタント会社などを経て、2008年、知事に就任した蒲島氏の招きで県政策調整参与に就任。12年からは副知事を務めてきた。 小野氏は東京都目黒区の出身。メディアの取材に「現状は現職の無風状態だが、今後の東京をどうするのか論戦したい」と抱負を語ったという(参照:東京新聞)。しかし、全国的には無名の小野氏が、小池氏の圧倒的優勢が予期される都知事選で、後ろ盾もいない中で出馬を表明することに疑問視する向きが多かった。 だが、小野氏を侮るのは早計かもしれない。 政界関係者によると、小野氏は、アゴラでおなじみの柳ヶ瀬裕文参議院議員(維新、比例)と海城高校の同窓生だという。柳ヶ瀬氏が小野氏に都知事選への出馬を働きかけていたのかは不明だが、複数の政界関係者によると、日本維新の会が小野氏を支援することができるか前向きに検討しているとの情報が浮上した。 仮に小野氏を支援することになれば、維新にとっては2010年に大阪維新の会が結党して以来、都知事選への本格的な参戦は初めてとなる。維新は2017年衆院選で、小池氏が率いた希望の党と協力関係を締結。衆院選で希望の党が敗れた後も、松井代表と小池氏の関係は良好とみられていた。今回の都知事選に際しても維新は当初、小池氏を支援する可能性に含みを残していた。 ここにきて風向きが変わったのは、都知事選と同時に行われる都議補選の動向が要因のひとつとみられる。4つの選挙区で実施される補選のうち、維新は、柳ヶ瀬氏の地元・大田区と、音喜多駿参議院議員の地元・北区にそれぞれ候補者の擁立を決定している。 これに対し、小池氏が顧問を務める都民ファーストの会は2017年の都議選で大勝していたこともあり、補選に候補者を出さないとの見方もあった。 ところが、ここにきて都ファは宝塚歌劇団出身の小池氏の元秘書を擁立すると発表。北区の補選は、先に出馬を表明している自民、立憲民主、維新・あたらしい党の3陣営のいずれも女性で、全国的にも珍しい女性候補者同士による「4つ巴」の激戦になるものとして注目度が急上昇している。…………以下はアゴラを、、
<< 新型コロナ以降の世界は、新型 | main | 頑張れ東京、負けるなCOVID19なんかに >>









トラックバック機能は終了しました。

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
search this site.
>> Links

このページの先頭へ